スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 (転載)

日本李登輝友の会
以下は日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 より転載です。


http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成21年(2009年) 12月25日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           台湾の正名・制憲・建国を応援しよう!
           「台湾の地位未定」論を国民常識に!
            
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1196]
1>>報告―平成21年度「日台共栄の夕べ」を開催
2>>明日、「海角七号/君想う、国境の南」が都内で封切り
3>>26日、紅白がなんだ! NHKぶっ壊すぞデモ IN神戸
4>>28日、反日台湾人 高金素梅 告訴・告発 報告集会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● チャンネル桜 YouTube オフィシャルサイト
 http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
 *NHK問題などに関するチャンネル桜の動画が全て見られます

●「日台交流基金」要綱を本誌下段に掲載

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1>>報告―平成21年度「日台共栄の夕べ」


本会は12月23日、毎年末恒例の「日台共栄の夕べ」を都内、アルカディア市ヶ谷で開催、第一部の講演会では斎藤毅・台湾協会理事長と金美齢先生を講師にお招きし、第二部の忘年会では一年の締めくくりとして、そして来年に向けての結束の場として盛大に行われた。参加者は二百人を超えた。国会議員も森喜朗元首相、山谷えり子参議院議員、大江康弘参院議員、中津川博衆院議員らも駆けつけてくれ、日台関係の強化を志す参会の人々には大きな励みとなった。

以下は当日採択された決議文だ。


決議文

本会はこれまで、日本と台湾を中国の軍事的脅威の前における生命共同体として、両国関係の強化を訴える活動を展開してきた。

そうした中の本年四月、日本の台湾統治の歴史を捏造し、台湾人弾圧史として描いたNHKのテレビ番組「JAPANデビュー」に、日台離間を画策する中国の、日本に対する影響力の強大さを思わざるを得ず、かくしてNHK批判運動を推進することとなったのであった。

ところがさらに九月に至って民主党政権が発足した。これによって中国主導とならざるを得ない東アジア共同体構想、永住中国人への地方参政権付与法案の推進、与那国島への自衛隊駐在方針の見送り、過去最大規模の議員訪中団の派遣、そしてさらには習近平国家副主席の天皇陛下への拝謁の規則破りの許可など、もはや日本が中国の属国であるかのような状況が顕在化させれつつある。

他方、台湾においても国民党政権による中国傾斜に歯止めがかからず、中国側の統一磁力には抵抗力を喪失したが如き危機的な情勢だ。

このように日台両国政権がともに主権放棄とも言うべき方向へと転げ落ち行く中、本会の使命は嫌が上でも重みを増さざるを得ない。そして直ちに強化が求められるものが中国の台湾併呑と言う侵略行為を正当化するための「一つの中国」なる虚構宣伝打破の言論活動である。

そもそも台湾は中国には隷属していない。その国際法上の地位は未定であり、帰属する先は台湾人民以外にあり得ない。国民党政権がこの事実を認めないなら、承認を求めるべきである。民主党政権がこの事実に目をつぶるなら、直視させるべきである。また日台両国民にもこの事実を知らせ、台湾防衛のための強固な世論を形成し、中国への抑止力を構築しなければならない。

生命共同体は断固として死守しなければならない。本会は東アジアに垂れ込む暗雲を切り払うべく、世の先頭に立って邁進して行く。

以上、決議する。

平成二十一年十二月二十三日 

日本李登輝友の会「日台共栄の夕べ」参加者一同

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2>>明日、「海角七号/君想う、国境の南」が都内で封切り


予告編 http://www.kaikaku7.jp/

12/26公開「海角七号/君想う、国境の南」チケット情報


以下の箇所で「海角七号/君思う、国境の南」のチケットを販売しております。

なお、取り扱っているチケットは

シネスイッチ銀座での観賞のみ有効です。

地方劇場でご覧いただく際は

上映劇場の窓口で お買い求めいただくようにお願い致します。



シネスイッチ銀座    中央区銀座4-4-5

チケットビューロー   千代田区有楽町2-10-1

プレイガイドタマガワ  世田谷区玉川3-17-1

サブナード       新宿区歌舞伎町1―2-2 新宿地下駐車場(株)ビル

ちけっとぽーと渋谷店  渋谷区道玄坂2-29-1 渋谷109 2F

ちけっとぽーと銀座店  中央区銀座4-1-2

ちけっとぽーと池袋店  豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ6F

ちけっとぽーと東京店  千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワ

ちけっとぽーと吉祥寺店 武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 吉祥寺ロンロンエキサイツプラザB1F

ちけっとぽーと浜松町店 港区浜松町1-31 文化放送メディアプラス B1F

ちけっとぽーと新宿店  新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館B1階

吉祥寺パルコ      武蔵野市吉祥寺本町1―5-1

新宿TSUTAYA      新宿区新宿3―26-14

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3>>紅白がなんだ! NHKぶっ壊すぞデモ IN神戸

12月26日(土)

集合場所 神戸市役所、花時計前 (阪急三宮駅、JR三宮駅 徒歩10分)

集合時間 14時20分

デモ出発 15時 (約1時間15分間)

主催    きなの会
参加団体  日本シルクロード科学クラブ

連絡先   080-5707-7078
メール   uighur_uighur_tm@yahoo.co.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4>>反日台湾人 高金素梅 告訴・告発 報告集会

日時 平成21年12月28日(月) 14時00分~16時00分

場所 東京都議会議事堂 6階 第一会議室
  JR・私鉄・地下鉄「新宿」駅(西口) 徒歩8分

内容
《開催趣旨》 !)國神社に土足で踏み込んだ高金素梅を許さない

報告者:徳永信一(弁護士)、門脇朝秀、古賀俊昭(東京都議会議員)、三宅博(前大阪府八尾市議会議員)、西村眞悟(前衆議院議員) ほか

入場料  無料

主催  靖国応援団  TEL 072-695-4512

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「日台交流基金」にご協力を!

 日本と台湾の文化交流を主とした新しい日台関係を築いていくため、台湾との豊かな交流をめざす日本李登輝友の会は、李登輝元総統の「奥の細道」散策実現を掲げ、そのため、これまで政府に危害防止措置を含めた諸対応を要請するとともに、広く歓迎を呼びかけるなど、微力ながら力を尽くしてまいりました。

 お蔭様で、平成19年(2007年)には「奥の細道」探訪の旅として実現し、また同20年9月の沖縄訪問、同21年の東京・高知・熊本訪問も実現いたしました。しかし、奥の細道はまだ半分で、新潟から最後の岐阜・大垣まで残っています。また日本各地から講演要請や表敬訪問の依頼が届いています。

 つきましては、本会ではこれらの実現のため、また、さらなる日台交流を深める活動を展開するため『日台交流基金』を設けています。5万円以上の篤志者の方には、李元総統に縁したグッズなどお喜びいただけるようなものをお送り申し上げる所存です。趣旨にご賛同いただける方はご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【日台交流基金 募金要項】

■ 1口=3,000円 (5万円以上の篤志者の方には特典!)

☆郵便局
 加入者名:日本李登輝友の会 口座番号:00110-4-609117
 ・通信欄に「基金」とお書き添えください。
 ・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
 ・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金
 記号-番号:10180-95214171 口座名:日本李登輝友の会

☆銀行
・みずほ銀行 本郷支店 
 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

・三菱東京UFJ銀行 本郷支店 
 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬

・ゆうちょ銀行
 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
 振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承ください。

■日本李登輝友の会[会長:小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/

--------------------------------------------------------------------------------

●日本李登輝友の会にご入会を!-NHK問題を解決するためにもぜひお力添えを!

 文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただけ
 る方は、ご入会をお願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、簡単
 お手軽にお申し込みできます。            (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
--------------------------------------------------------------------------------

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
関連記事
スポンサーサイト
10年年頭 台湾人の声は伝わるか (転載) | Home | 「日本人の誇りを持って」 李登輝氏が高校生に講演 (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。