日本と台湾をつなぐ感動作「海角七号」がDVD化! (転載)

日台交流
ちなみに、昨年ですが、弘前で「ミニ台湾映画祭」を開催しました。
「青森李登輝友の会」主催で、「青森日台交流会」は共催でした。

そのときに、「海角7号」も紹介しましたよ。
よかったら、そのときの報告もみてね!

http://shukuei.blog19.fc2.com/blog-entry-599.html

                    阿貴

以下は「日台共栄メルマガ」より転載です。(22.6.4)


日本と台湾をつなぐ感動作「海角七号」がDVD化!


DVD『海角七号 君想う、国境の南』

社会的メガブームを巻き起こし台湾映画史上歴代1位を記録!

ミュージシャンとしての夢破れ、故郷・恒春に戻った阿嘉(アガ・范逸臣)。郵便配達の仕事があてがわれた彼は、今では存在しない住所“海角七号”宛の小包を見つける。その中には、60年前、敗戦によって台湾から引き揚げる日本人教師が、愛しながらも別れなければならなかった台湾人女性を想って綴った7通のラブレターが。そんな中、阿嘉は町興しライブの前座バンドに無理矢理駆り出される。監督役を任された売れない日本人モデルの友子(田中千絵)とは衝突ばかり。寄せ集めのメンバーでは練習もままならない中、刻々とライブの日は近付いていた…。

DVD版の特典として、メイキング(撮影風景)やインタビューなどが収録された特典ディスク(197分)、日本語吹き替え、解説書がついています!
希望小売価格4,935円のところ
会員頒布価格=4,000円 一般頒布価格=4,500円とお安くなっています!
さらに当会事務局にご来所の場合、当会または関係諸団体でのイベント会場では3,500円で頒布!

■頒布価格 会場価格:3,500円 会員価格:4,000円 一般価格:4,500円 【送料1枚:160円】

■申込方法 住所、氏名、電話、注文数などを明記の上、郵送・FAXまたはメールで事務局まで

当会ホームページからも申し込めます http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

■申 込 先 日本李登輝友の会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

■お支払い 代金後払い(郵便局・銀行) 商品とともに請求書と郵便払込取扱票をお送りします。

※「銀行」でのお振込みをご希望の方には請求書に振込先銀行口座を記します。お申込みより先に
銀行から振り込まれましても送付先が分かりませんので、必ず先にお申込みをお願いいたします。

※お届けは6月下旬からとなります。

推薦の辞

若き監督が描いた台湾からのラブレターを是非日本の観客に受け取っていただきたい。ー金美齢さん(評論家)
国と国、人と人の叶わぬ恋を切々と語るナレーションに泣ける。そして田中千絵がいい! 愛しい映画だ。 -小林よしのりさん(漫画家)

時代に翻弄された人たち。想いを遂げられなかった恋人たち。国を越え、時代を超えてその想いが恋人たちに届けられた。澄み渡った歌声とともに。余貴美子さん(女優)
せつない物語なのに、心に残る映像は、温かくてのどかで美しくて明るいものばかり。また台湾に行きたくなってきた。 ー阿川佐和子さん(作家)

©2008 ARS Film Production.All Right Reserved 監督:魏徳聖 製作年・国:2008年・台湾 発売・販売元:マクザム  カラー/16:9 シネスコ/片面2層(セル特典Disc:片面1層)/本編130分/音声:1.オリジナル台湾語、中国語、日本語〈ドルビー・デジタル・5.1chサラウンド〉2.日本語吹替<ドルビー。デジタル・ステレオ>3.視覚障碍者対応日本語音声ガイド/特典:メイキング、インタビュー、プレミア試写&初日舞台挨拶、記者会見、予告編集ほか収録(197分)、8P解説書封入
                                        ーーーーーーーーーーーーーーーーーー   

DVD『海角七号』お申し込み書

■注文数    枚      ■振込み方法 郵便局  銀行

■ご氏名          (会員・一般)     ■電話番号             

■ご住所 〒                  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト
天妃様行列のご案内(IN大間) | Home | 【動画紹介】母親ㄟ名叫台灣 / 蔡振南 & 「書籍紹介」台湾華語おすすめ」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ