天地有情

ミニiff活動
去る、先月10月3日(日)ですが、黒石の「伝承工芸館」で「miniiff」が開催されました。
今年の開催はこれまでと違って、「予算」がないから、県の国際交流の「事業補助金」を
利用しまして、「ミニiff」を開催しましたが、結局「赤字」は各団体の「負担」となりました。

これも「見直し事業」の「せい」ですかね・・・

来年度の開催は難しいではないかと思われましたが、昨日は、ミニiff参加団体の反省会でした。
これまで会議を重ねてきて、いろいろ大変なこともありましたが、でも、熱い思いをお持ちの団体が多かった。

やっばり、出来れば、来年度も開催したいと望んでました。
果たして、叶えるのでしょうか?!
それは我々の努力次第かしら!!

昨日参加した団体の代表は

「藤崎町国際交流協会」佐藤会長、「日本の凧の会・津軽カイト支部」とくこさん、「バリ島文化紹介者」ケトゥトゥさん、「国際交流会ワイワイクラブ」沢律子さん、李若氷さん、「青森県日仏協会」「日本原燃」からは西村さん、田中さん、「青森日台交流会」は阿貴で、「青森県国際交流協会」だけ、欠席でした。

あとは、もっとも大変だった、事務局を担当した「黒石市」は、鳴海さん、三上さん、渡部さん、みつゆさんの4人の参加でした。

合計12人の反省会&ご苦労様会でした。

料理は美味しかったのですが、焼肉屋さんなので、煙がすごかった・・・(私を燻製する気か?!)
タバコの煙よりひどいよ~~ 

語り合うのに、時間が足りないと感じる! (忘年会もぜひ!という声がありましたが・・・)

「藤崎町国際交流協会」佐藤会長ととくこさん、
「日仏」の田中さん、西村さんが8時ごろに帰ったのが、残念でした・・

事前に、300円ぐらいのプレゼントを用意してもらって、そう!
プレゼント交換をやったのよ~~
懐かしいで、面白いでしょう!!
一番盛り上がったかな~~~

二次会は8人の参加で、3次会は3人でした。
今日寝たのは2時だよ~~

今日は黒石でラケットテニスの県大会があったんだ~~
まぁ~詳しいことは、また今度ね!


        阿貴

22.11.14.黒石テニス 001
22.11.14.黒石テニス 004


22.11.14.黒石テニス 005


22.11.14.黒石テニス 008


22.11.14.黒石テニス 009


22.11.14.黒石テニス 011


22.11.14.黒石テニス 013



2次会

22.11.14.黒石テニス 016


22.11.14.黒石テニス 019


22.11.14.黒石テニス 020


「天地有情」
この4文字をみて、なぜかいろいろ考え込んでしまった。

天 地 有 情

そうか!本当か!
はぁ~~
うん・・・・










関連記事
スポンサーサイト
何かを叫んで自分を壊せ | Home | 私のこの両手で何が出来るの?!

コメント

新潟中国領事館問題

*緊急拡散希望

市有地・旧万代小学校跡地(5000坪)が「中国総領事館」に売却されようとしています

「 経 緯 に つ い て 」
...昨年、中国共産党政府は沖縄に中国総領事館を作ろうとしておりましたが、「総領事館に中国軍関係者や情報機関の人間が常駐すれば、米軍や尖閣諸島を監視する前線基地になる懸念が生じる」(平成21年3月3日読売新聞)として日本政府はこれを断り、その後、新潟への設置案が浮上。

今年6月万代島ビル内に在新潟中国総領事館が出来る(同ビルには、韓国・ロシアの総領事館もある)。

今年8月中旬、3~5年の内に自己所有の総領事館の建設を計画しているため、旧万代小学校跡地(約5000坪、在東京中国大使館よりも大きい)の購入を希望する旨、中国側から新潟市に依頼。

中国総領事館は新しい領事館が完成するまで、中央区西大畑の建物を借り上げた。10月15日の西大畑の住民説明会では「60対0」の圧倒的多数で住民は「移転反対」であったにも拘らず、それを
無視して10月22日頃に移転を開始し、すでに完了した模様です。(さすが、中国と新潟市です)
旧万代小学校周辺自治体の住民に対して9月16日に新潟市側から「売却を前提とした」説明会がありましたが、尖閣諸島問題が発生し、その後の説明会は突然中止されました。新潟市のホームページにも旧万代小学校跡地の売却についての説明は一切ありません。周辺住民も、圧倒的に「売却反対」です。

「 問 題 点 」
領事館は当然、治外法権(特定の外国人が滞在国の法律や裁判権の適用を免れる特権)です。
新潟市の中心にある広大な土地が、新潟市民が自由に入ることさえ出来ない治外法権となります。

尖閣諸島の追突事件後の中国の対応、現在獄中の中国の民主活動家・劉暁波氏が授与したノーベル平和賞に対しノルウェー政府に取った強硬な報復の態度を見た時、わが国とはまったく違う国際ルールを無視した価値観や国家観を中国共産党政府は持っていることが判ります。「政府・党・軍・財閥・政治警察・武装警察」が一つにまとまった全体主義国家の中国の領事館を、新潟市の中心地に5000坪もの広さで置くことが適切なのでしょうか。中国は「善人の国」ですか。
いいえ「全体主義の国」です。中国からの要望には最大限努力し、住民の不安や心配や圧倒的反対を無視するようでは、何のための市政なのか分かりません。 旧万代小学校跡地の中国総領事館への 売却反対!

「考えていただきたい今後のこと」

◎○ 売却をやめさせるためには ○◎

1.地元住民の方は説明会においては、売却反対の意思表示をしてください。(ご家族や近所の方々と相談して、できるだけ大勢の方が反対してください)

2.新潟市長 (連絡先 秘書課 025-226-2043)に売却反対
の意思を伝えましょう。

3.新潟市役所 国際(連絡先 025-226-1673)に売却反対の意思を伝えましょう。

4.市議会議員に売却反対の意思を伝えましょう。(連絡先はインターネットで公開されていますが議会事務局 総務課 025-226-3375でも問い合せられます。)
5.署名活動に、ご協力下さい。
11月29日(月)提出ですので、間に合うように、郵送してください。(手書きで署名してください。印鑑は必要ありません)
※11月29日(月)17時に新潟市議会・議会事務局に提出いたします。

http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/files/nshomei.pdf

2010/11/19 (Fri) 12:33 | Hayate #GR7i4sZY | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ