スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単台湾客家粽子(ちまき)の作り方

台湾料理教室レシピ
今日青森の天気は、風が強くって、雨です。(05.11.8.火曜日)
気温は寒くって、暖房をつけました。
天気予報では、明日は雪が降るかもしれませんとのこと。(最高気温8度)

今日は休みだったので、粽子(ちまき)を作った。
粽子(ちまき)について、ホーロー人と客家人が作る粽子(ちまき)は
味や作り方などが違います、一概とは言えませんが、
ホーロー人は生のもち米を使う、バラ肉が好きだ。
客家人はもち米を蒸してから使う、肉はモモ肉か肩肉かと思います。(個人の意見ですので、違いましたら、ごめんなさい)


また それぞれの家に「我が家の味」というのもあって。
日本の肉じゃがみたいに、味を甘くする家、味を濃く家。
だから皆さんは大抵自分家の味が一番すきと思います。
少なくとも私は母が作った粽子(ちまき)が一番美味しいと思っています。
母の味は恋しいのです。




粽子(ちまき)の作り方:

おにぎりにしたら、約15個ぐらいです。(小さいおにぎりなら)

材料:もち米2.5合、白米2.5合 豚肉300gぐらい 干しえび一袋(約20g)
 切干大根一袋(約80g) 干し椎茸一袋 (約25g)(たけのこやマッシュルームもおすすめです)

前準備:干し椎茸、切干大根を戻す、短く切る(1cm)戻し汁は使いますので、取っておく。豚肉も短く切る(1cm)

米の炊き方:米は干し椎茸の戻し汁を使って、炊飯器で炊きます、水加減は、白米よりやや少ない感じです。

本当は蒸し器を使って、もち米を蒸すのですが、簡単な方法を図るため、炊飯器を使いました。

具の調理法:豚肉、切干大根、干し椎茸、干しえびの順で、入れて炒める、全体的に炒めたら、味付けをして、具の完成です。

調味料:塩約大匙1~2 正油約70ccぐらい 塩こしょうを全体的にかける。(まぁ~好みで)

具はやや濃い味で良いです(後で、もち米と混ぜる為)

炊き上げたもち米と炒めた具と混ぜます。
あと好きなように食べるだけ、竹の葉で包ったり、おにぎりにしたり、そのままご飯として食べるのもいいですので。







      
今日夕食の時に、ことも達が粽子(ちまき)を食べて、
おいしいと言ってくれましたが、
どうしても母と同じ味を作れないのです。
いくらやっても、近いですが、母と同じような味は作れません!
これは私の宿題でしょうか?
母と同じよう味を作れるまでに!

AVOX0040.jpg


AVOX0037.jpg


関連記事
スポンサーサイト
台湾大地震:復興のシンボルに 福井の古民家を台湾へ | Home | 台湾客家料理 (水板・碗貴)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/11/08 (Tue) 19:58 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。