「賢明」に「懸命」にね!!

動画紹介
久しぶりに客家語を聞いて、感傷的になってしまいました・・・。
まだ台湾にいるときは、ごく普通の毎日が嫌で、そこから「脱出」することが私の希望でした。

実は 来年3月あたりに、一度台湾へ里帰りを計画しておりましたが、
ちょっと「予定」が崩れて、いまのところは、いけそうにないのです・・・・・。

やむを得なく、計画を「中止」にするのです。

脱出したくってたまらなかったのに、なぜ?そこから離れてから、帰りたいという気持ちがあるのか?!
まぁ~私も よく わかりませんが・・・・

まぁ~ふるさとは忘れられない存在ってことなのかな?!









原発のせいで、そうじゃなくても、人間はいずれ死ぬんだ。
そうなれば、いままで生きてきた「証」って必要?

自分達の文化、言葉など失われても 「平気」か?

一体 日本はどうなることですかね?!

「そんなことやってる場合か?」って思うことがたくさんありますが、

でも 一応 生きている限り 「真面目に」生きていかなくちゃ!!

真剣に向き合わなくでは と思うのですが・・・。(どうですかね?!)

人間の進化は「地球外生物」が「検証」するの?

人間は 一生懸命に古代のことを研究したりしますが、

実際 いま 人間は 地球に あとどのぐらい いられるの??












それでも 朝は来る 雨はやむ 人間は 結局生きって行かないと・・・・

世界の終わりが来るならば、いろなん「我慢」は必要か?

努力はいらうのか?!

はい! それでも 努力しなくではいけないのです。
それでも 我慢して 生きていかなくではいけないのです。


あぁ~~今日は 多少アルコールをとりましたので、訳がわからなくなってしまいました・・・・
あらら・・・・。

はい!明日も頑張りましょう!明日も懸命に過ごしましょう!!
本当に「賢明」に「懸命」にね!!














その他の動画もあります。

DVD鑑賞会でも紹介した「台湾民主化之道」です。
どうぞ ご覧ください~~~


関連記事
スポンサーサイト
台湾新幹線と中国高速鉄道 (転載) | Home | 【ご案内】天妃様祭りin大間  一緒に参加しませんか~~~

コメント

台湾と琉球

100年以上も前に沖縄から台湾へ渡った漁師たちがいます。基隆に沖縄の人の遺骨を合葬し、大切に供養している萬善公を知り、ここへ友好を記す石像を送ろうという民間活動をしています。フェイスブックも展開中です。ぜひご覧ください。 http://uminchuzo.ti-da.net/

2011/07/14 (Thu) 11:18 | 石原 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ