里帰り

「管理人阿貴」 だより
ずっと記事を書いていなかった、それはいろいろあって、
どうしても書く気持ちになれなかったからだ。

11月28日から12月7日までの10日間、私は台湾へ里帰りしていました。
4年半ぶりですかね、ふるさとへ帰れるのは、すごくうれしいよ~

2番目の兄弟が結婚するので、帰るかなと考えたが、
でもやっばり、無理・・・・・と思ってて、

お父さんが母さんの具合がよくない、入退院を繰り返している、と言うから、
それで、即、でもないですけど、その一ヵ月後、私は台湾へ行きました。

国際結婚はそいう宿命かな~
帰りたいときは、すぐに帰れなくて、
帰れるだとしても、飛行機に乗って、家着くまで、時間がかかるんだよね。

飛行機に乗っている間、考えていた、家族はなぜ離れ離れで暮らすのだろうと?!
家族なら、一緒に暮らせばいいのにと、

なぜ私だけが台湾にいないで、青森にいるだろうと、
子供みたいな発想で、現実を見ずに、ただ単純な質問をして、
そして、頭の中で一人で質問したり、質問に答えたりしていた。

ようやく 台湾に着いたときに、私はうれしくって、
入国審査のとこまで、全力疾走で、走りました~~~

ただ ただ 早く 家族と会いたかったからなのです。

空港で兄弟4人は、迎に来てくれました、
もう夜の11時半なのにね・・・・。(ありがとうよ~)

そこで、何年ぶりなんだろう、兄弟5人が揃ったのは、
やはり私が結婚したとき以来かな、

いままで台湾に帰国したって、兄弟達も忙しいから、5人揃ったことはなかっただな。
それで、集合写真を撮りました、多分13年ぶりだと思うよ!

そうそう、台湾へ帰省したのは、母の見舞いと弟の結婚式のためでした。

結婚式は、それはそれで、忙しかったわね、
結婚式終わった週明けは、お母さんと一緒に病院へ行きましたわ。

お母さんは7年前、腹膜炎で一度手術したことがある、
しかし その手術以降、母は、毎日のように、おなかが痛いというようになったのです。

医者は 手術したから、だから腸は癒着すると言った。
腹痛の原因は 腸の癒着で、それは仕方がないと。

これまで7年間、病院を2~3軒変えたわ、
変えた度に、またいろりろ検査したりして、
でもおなか痛むの原因を究明することは出来なかった。

それで7年もおなかの痛みに耐えてきたのです。
とうとう腹水まで現れてきて、

私が日本へ帰国するまで、母の病名はまだ分からなかったわ。

帰国の前日、母は入院中なので、当然空港で見送りはできないので、
病院で母とお別れしてたわ。

母を励まそうと思って、「先生の言うことを聞いて、治療頑張るだよ、
病気が治ったら、まだ日本遊びに来てね」と言った、

そうしたら、お母さんが声を出して、泣いてたよ、
あーこれじゃ私は帰れないじゃないかよ・・・・・・。

まー 弟の結婚式で、久しぶりに、たくさんの親戚と会ったわ、
兄弟達といっばいお話もしたし、

でもよく考えたら、この家にいる時間 一番少ないのは、私だな。
親のそばに、いつもいられなかったし、
当然なにかあるときに、私は知らされていないか!
後から知ったかのどっちかです。

娘は嫁にいけば、もうよその人間か?!
結局頼りになるのは 跡継ぎの息子か?!

この考えにとても不満を持っていますが、
でも現実的にをみると、そうかもしれないね・・・・・。

自分の家庭を持ってれば、自分の家のことも考えなければならない、
当然ですが!

私は自分の家庭をほうっておいて、台湾で母のそばにいたい、
何日なら、可能ですが、長期間なら、無理ですね。
そう何回もいけないしね・・・・。

家族ですが、自分の家庭を持ったら、一緒にいられないこともある。
一緒にいられないでも、家族は家族ですが、かわりはないのですが、
でもさびしいですね、やっばり、せめて、こんなときに、
親のそばにいてあげたいものです。
いや いさせてほしいのです。

ついに 母の病名分かりました
「間質性細胞癌」です。それも末期だ。
あまり聞いたことのない病名だ。
お医者さんが言うには 稀な癌で、
その分 治療薬(抗がん剤)も2種類しかないとの事・・・・・。

でも 誰もあきらめていないぞ!
希望は 望みは まだあると信じている!!!


妹から聞いたときに さすがに ショック隠せなかったわ。

この何日間、ずっと「動揺」してたわ、、、、
仕事も、炊事も力入らなくてね、
だから風邪をひいたのかな



身近な人の死は 考えたことがない、
なぜなら 怖いからです
だから 想像したくない 想像したことがない

けど 今回 母の病状はよくないみたいで、
私は ただ 涙を流すだけ、何も出来ない、何も出来やしない、
やっばり そばにいない分 違うね
なんか 幻みたいで、実在していないみたいで、空しいね


いままで 何してきたんだろう??
本当にね~~~


親孝行 何かできることがないかな~
前向きに生きるって 親孝行かな?!冷たいのかな?!


もっと もっと 母と一緒に居たいね~~
母がいままで苦労ばっかりしてきたから、
少しでも「贅沢」して、遊ばないとね~
旅行、温泉、食事、買い物など、親子としてしていることは、
私にはまだまだ足りないわ~~
少しずつやろうね!
お母さんよ~

関連記事
スポンサーサイト
4位 | Home | 【報告】青森李登輝特別講演会INアウガ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ