「日本に神のご加護を」(転載)

日台交流
【God Bless Japan】台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」

【フジサンケイビジネスアイ:平成24(2012)年6月27日】

 私たちの知らないところで、私たちの知らない人が、私たちが遭遇した困難のために祈
ってくれている。東日本大震災に際して、世界中の人々から多くの救いの手が差し伸べら
れたことは記憶に新しい。が、私たちが知らないこんな話もあった。(フジサンケイビジ
ネスアイ)

 先日、フェイスブックの会員の間で反響を呼んだ1枚の写真があった。写真は何の変哲
もないただのパソコン基板。だがよく見ると小さな字で「God Bless Japa
n(日本に神のご加護を)」と祈りの言葉が印刷してあったのだ。

 基板とはパソコン内部に装填(そうてん)されている主要部品で、普段はまったくユー
ザーの目に触れることはない。そこに日本への思いやりのメッセージがあった。

 会員からは次々と「ありがとう。感激です」「感動した」など感謝のコメントが書き込
まれた。同時に、いったい誰が、何のために、パソコンの内部基板にこのようなメッセー
ジを印字したのだろうかと、大きな話題となった。

 「日本に神のご加護を」と印字された基板を搭載したパソコンを製造したのは台湾のA
SUSで、同社も日本から問い合わせがあるまではこの事実を認知していなかったよう
だ。ASUSによれば、印字は同社の技術者が独断で行ったことで、誰かは特定できてい
ないがたぶん日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件は黙認して
いるそうだ。

 一人の台湾人技術者が独断で思いつき、会社の許可も得ずに印字した日本の復興を祈る
メッセージが、マスコミではなくソーシャルメディアを通して日本人の心を揺さぶった。
「神のご加護を」は日本では一般的な言葉ではないが、英語圏では最もなじみの深いフレ
ーズの一つで、God Bless JapanのスローガンはTシャツやポスターのデ
ザインとなり、Pray For Japan(日本のために祈ろう)とともに世界中で
東日本大震災の義援金集めの標語となった。

 ASUSは台湾の大手パソコンメーカーの一つで、同社には技術革新やイノベーション
の創出と並び謙虚、誠実、勤勉を訴える社是がある。デジタル新時代のリーディングカン
パニーを目指すと標榜(ひょうぼう)する一方で、企業人として誠実さと勤勉さを忘れま
い、と明確に会社の哲学を従業員に訴えている。

 台湾の技術者は何を思って「日本に神のご加護を」という文字を印字してくれたのだろ
うか? 大災害への同情心からか、日本に多くの友人がいたからか、それとも単に日本が
好きだからなのか? そして、考えてみた。もし台湾に大災害が起こり、日本の技術者が
誰の目にも留まらないだろうからと、会社の許可も得ず、「ガンバレ台湾」と台湾向け製
品の基板にメッセージを印刷したら、会社は黙認するだろうか?

 ASUSの社是「Integrity(誠実)」が重く、価値あるものに感じられた。

                              (実業家 平松庚三)
http://www.ritouki.jp/
━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 6月28日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1620]
1>> だから台湾が好き!─パソコン基板に「日本に神のご加護を」と記した台湾人技術者
2>> 7月9日から「在留カード」と「外国人住民票」が開始─漢字変換で問題も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:639人(6月28日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。

● 第7回台湾セミナー(講師:高池勝彦弁護士)お申し込み【7月7日開催】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0119.reg

● 2012年・台湾アップルマンゴーお申し込み【締切:7月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0118.reg  *台風の影響で収穫が遅れ、次回お届けは6月末か7月初めになる見込みです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> だから台湾が好き!─パソコン基板に「日本に神のご加護を」と記した台湾人技術者

 本会台北事務所長の早川友久氏が昨日(6月27日)のブログで、心打たれるすごくいい記
事を紹介している。

 台湾のパソコンメーカーの技術者が、外からは見えないパソコンの基盤に「GOD BLESS
JAPAN(日本に神のご加護を)」という祈りの言葉を記していたという。筆者は、前ライブ
ドア社長の元平松庚三(ひらまつ・こうぞう)氏。

 こういう台湾を知ると「だから台湾が好き!」と言いたくなる。東日本大震災への200億
円を超える義捐金を寄せていただいた台湾の人々の真情を、また垣間見た。

 台北事務所ブログと「フジサンケイビジネスアイ」を併せて紹介したい。ブログには
「GOD BLESS JAPAN」と記されたパソコン基盤の写真も掲載している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本に神のご加護を
【台北事務所ブログ:平成24(2012)年6月27日】
http://twoffice.exblog.jp/18500076/

 今朝(6月27日)の産経新聞姉妹誌『フジサンケイビジネスアイ』に「台湾製パソコン基
板、小さな字で『日本に神のご加護を』」という記事が掲載されました。

 実はこの話題、ネット上ではかなり前から知られていましたが、新聞に掲載されたこと
でより大きな話題になりそうです。

 舞台は台湾を代表するパソコンメーカーのASUS。記事によると社員の独断によるも
ので、会社も黙認したとか。

 震災から1年と4ヶ月ほど。こうした台湾からの隠れた支援がきっとまだまだ埋もれてい
ると思うと、感謝しても感謝しきれません。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」
【フジサンケイビジネスアイ:平成24(2012)年6月27日】

 私たちの知らないところで、私たちの知らない人が、私たちが遭遇した困難のために祈
ってくれている。東日本大震災に際して、世界中の人々から多くの救いの手が差し伸べら
れたことは記憶に新しい。が、私たちが知らないこんな話もあった。(フジサンケイビジ
ネスアイ)

 先日、フェイスブックの会員の間で反響を呼んだ1枚の写真があった。写真は何の変哲
もないただのパソコン基板。だがよく見ると小さな字で「God Bless Japa
n(日本に神のご加護を)」と祈りの言葉が印刷してあったのだ。

 基板とはパソコン内部に装填(そうてん)されている主要部品で、普段はまったくユー
ザーの目に触れることはない。そこに日本への思いやりのメッセージがあった。

 会員からは次々と「ありがとう。感激です」「感動した」など感謝のコメントが書き込
まれた。同時に、いったい誰が、何のために、パソコンの内部基板にこのようなメッセー
ジを印字したのだろうかと、大きな話題となった。

 「日本に神のご加護を」と印字された基板を搭載したパソコンを製造したのは台湾のA
SUSで、同社も日本から問い合わせがあるまではこの事実を認知していなかったよう
だ。ASUSによれば、印字は同社の技術者が独断で行ったことで、誰かは特定できてい
ないがたぶん日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件は黙認して
いるそうだ。

 一人の台湾人技術者が独断で思いつき、会社の許可も得ずに印字した日本の復興を祈る
メッセージが、マスコミではなくソーシャルメディアを通して日本人の心を揺さぶった。
「神のご加護を」は日本では一般的な言葉ではないが、英語圏では最もなじみの深いフレ
ーズの一つで、God Bless JapanのスローガンはTシャツやポスターのデ
ザインとなり、Pray For Japan(日本のために祈ろう)とともに世界中で
東日本大震災の義援金集めの標語となった。

 ASUSは台湾の大手パソコンメーカーの一つで、同社には技術革新やイノベーション
の創出と並び謙虚、誠実、勤勉を訴える社是がある。デジタル新時代のリーディングカン
パニーを目指すと標榜(ひょうぼう)する一方で、企業人として誠実さと勤勉さを忘れま
い、と明確に会社の哲学を従業員に訴えている。

 台湾の技術者は何を思って「日本に神のご加護を」という文字を印字してくれたのだろ
うか? 大災害への同情心からか、日本に多くの友人がいたからか、それとも単に日本が
好きだからなのか? そして、考えてみた。もし台湾に大災害が起こり、日本の技術者が
誰の目にも留まらないだろうからと、会社の許可も得ず、「ガンバレ台湾」と台湾向け製
品の基板にメッセージを印刷したら、会社は黙認するだろうか?

 ASUSの社是「Integrity(誠実)」が重く、価値あるものに感じられた。

                              (実業家 平松庚三)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 7月9日から「在留カード」と「外国人住民票」が開始─漢字変換で問題も

 いよいよこの7月9日(月)、これまでの「外国人登録証明書」(外登証)が廃止され、
新しい在留管理制度として、特別永住者には「特別永住者証明書」、それ以外の在日外国
人(中長期在留者)には「在留カード」が交付される。

 台湾出身者の場合、外登証の国籍欄は「中国」「中国(台湾)」などと記されていた
が、この在留カードの「国籍・地域」欄には「台湾」と表記されるようになる。

 法務省が6月25日に開いた記者会見で在留カードと「特別永住者証明書」の見本を公開し
たが、それを伝える中央通信社の記事を紹介したい。

 記事では触れられていないが、在日外国人も日本人と同じように7月9日から住民基本台
帳に記載し、新たに住民票が作成される。その「国籍・地域」欄は、台湾出身者の場合、
在留カードと同じように「台湾」と表記される。

 本誌でもこのことを伝えた際、「仮住民票記載事項通知書」あるいは「仮住民票通知」
は外登証の記載を基にしたため、台湾出身者の「国籍・地域」が「中国」のままとなって
いて混乱をもたらしていることを取り上げた。

 このような混乱を収めようと、外登証で「中国(台湾)」と記されている場合は「台
湾」と記した「仮住民票通知」を再発行している自治体も出てきている。すでに在留カー
ドでは「台湾」と記すことを決定したうえでの外国人住民票なのだから、当然の措置だろ
う。

 しかし、このような措置を取っているのは一部自治体のようで、もし「中国」と記され
ていたら、自治体の窓口に外登証原票の表記訂正を申請しなければならない。ただし、7月
9日以降は在留カードを基とするため、外国人住民票も自動的に「台湾」と記されるように
なる。

 実は、この外国人住民票で問題が起こっている。それは名前の漢字表記の問題だ。これ
までの外登証では、中国出身者なら簡体文字で名前を記し、台湾出身者は繁体文字で記し
ていたが、それが住民票ではいわゆる日本の漢字で表記されるためで、たとえば[女意]
という字は[口意]と変換されてしまう。

 そのため、総務省の外国人住民基本台帳課では昨年末に「漢字変換表」なるものを作成
して自治体に配布している。

 しかし、[女意]と[口意](噫)では意味が違う。せっかく親につけてもらった名前
が使えなくなるという悩ましい問題が出てきている。なぜ外登証で表記しているのに、在
留カードや住民票では表記できないのだろう、と当事者の疑問は消えない。総務省も今の
ところ、この悩みを解決する有効な打開策は打ち出せていない。

◆仮住民票の「国籍・地域」欄で「中国」とされている在日台湾人[2012/5/23]
 http://melma.com/backnumber_100557_5567340/
-----------------------------------------------------------------------------------------
日本、7/9から在留カード開始 出身の記載「台湾」に
【中央通信社:2012年6月26日】

 (東京 26日 中央社)日本の新たな入管難民法が7月9日から施行され、日本に中長期滞
在する外国人が持つ外国人登録証明書に替わり、ICチップ内蔵の「在留カード」が発行さ
れる。在留カードでは、これまで「中国」とされてきた台湾籍者の出身が、「台湾」との
記載に変更される。

 すでに発行済みの外国人登録証明書はそのまま一定期間使用できるが、新制度開始以降
であればいつでも切り替えが可能。

 在留カードの新規申請は、成田・羽田・中部・関西の4国際空港で入国時にその場で手続
きと受け取りができるほか、居住地の市区町村窓口で受付している。

 新制度では、在留期間の上限がこれまでの3年から最長で5年となり、また有効期限内で
あれば、1年以内に再入国する場合は再入国許可申請が不要となる。

 台湾で中長期滞在外国人に発行する「居留証」は、偽造防止などを主な目的に、2007年7
月からICカード化されている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg


● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号~第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg


● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp 
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時~午後6時(土・日・祝日は休み)
関連記事
スポンサーサイト
【レポート】台湾表記在留カード制度初日トラブル記 (転載) | Home | 【紹介】 台灣宏觀電視 片倉佳史氏介紹台灣

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ