決断する時&最低な私

「管理人阿貴」 だより
「お母さん、あと10年生きたら、死んでもいいよ」

これは同僚が自分の母親に言った言葉です。

ひどい!って思うかもしれませんが、
一緒に住んでれば、いろいろあるのでしょう!

気持ちは分からなくもないよ~

けど、私はまだ母親と別れる準備ができていないので、
母親には、まだまだ生きててほしいのだ!

私の母は「間質性細胞ガン」の末期と言われたが、
私は信じたくなった。

この間は、とうとう余命数週間~半年と宣告されたらしい、
私はどうしたらいいのか?!

仕事をやめて、ちょっと台湾に滞在しようか!
いますぐまた台湾へ行ったほうがいいのか!

決断する時です、でもベストな決断をしなくでは、
だから、私は悩んだ~

自分達の生活もあるから、決断は難しい、
でも、一刻一刻と、時間は流れていくのね~
無情にも、止まってはくれないのね、


祈っているけど、人間の命の長さは、誰がき決めるのだい?

自分の命を母親に分けてもいいと、そう思っているのですが、
そうなればいいのにね~
本当に~


あまり考えると、夢にも出てきたり、ため息が増えたり、
知らず知らずに、イライラしてました。

人に八つ当たりして、だめですね、私は、

誰でも不安、悩みはあるのに、
けど、そうなったら、やはり誰かに相談したり、意見を聞いたりして、

でも、「場」を間違えると、私は単なる「しつこい奴」「空気読めない奴」になるのだ。

言えばいいってモンじゃない!!
相手を選ばないと、安易にしゃべるじゃないのだ!

なぜ?!私は失敗を繰り返すのだ?!
はぁ~~~

聞かれてもいないのに、余計なお世話で言うじゃない!!
反省せよ!!はぁ~~

熱い熱いコーヒーを飲みながら、
ため息が続く~


なぜ?!私は同僚の気持ちを理解出きると言いますと、
実家に帰省中の10日間、思う存分、親孝行しなくちゃ、

そう思ったよ!

結局、10日間のうち、2日間はお父さんと喧嘩しちゃった、
お父さんの手伝いも途中やめたりした、

最低な行為ですな、

なぜそのようなことになってしまったのか?!
原因はいろいろですが、

ずっと離れ離れした分、コミュニケーションもしていないから、
一歩的にガンガン言われると、結局私は耐え切れなかった、

兄弟姉妹もそうでした。
弟は私の態度は威圧的であると、母に言った。

姉は 私は人の気持ちを大事にしないと言った。

そして、私はもっとひどい言葉で姉に言い返した!
そう思ってもいないのに!
結果 姉は泣いた、

なぜ?!私はそのような「暴言」を吐いたのか!
自分が一番びっくりしているよ!

信じられないよ、謝っても許されない言葉だった、
けど、翌日は、姉は仲直りしてくれた、

本当になんで奴だよ、私は・・・・。

思いやりのはずなのに、なぜそのようなことになってしまったのか?
反省すべきなのです!!



お母さん、長生きしてくださいな~



関連記事
スポンサーサイト
お詫び&総会延期のお知らせ | Home | ~総会のご案内~

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ