スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大統領、中国民主改革で台湾をモデルに挙げる

台湾の声 メルマガ
米大統領、中国民主改革で台湾をモデルに挙げる

本誌姉妹誌『日本之声』が、中国香港特別行政区の新城ラジオ
(Metro Broadcast)の報道を伝えたところによれば、来日中の
ブッシュ米大統領が演説で、中国政府が十三億の人民にさらなる政
治的な自由を与えるよう呼びかけ、台湾が人民を圧迫する社会から
民主的な社会へ変化することに成功したことを賞賛した。

演説原稿によれば、現在の台湾は自由で民主的で繁栄しているが、
これは台湾がさまざまなレベルで自由を掲げることで、人民に繁栄
をもたらし、自由で民主的な社会を建設したものだ、と指摘してい
る。

また、中国政府は経済を発展させると同時に、人民にさらなる自由
を与える必要があり、中国人が豊かになれば、政治的な要求も高ま
る、と指摘した。中国人は聖書や宗教の経典の自由な印刷を含むさ
らなる宗教的自由を求めている、とした。

ーーー

米大統領、中国民主改革で台湾をモデルに挙げる

 [京都 16日 ロイター] 来日中のブッシュ米大統領は16
日、中国が民主改革に向けた第1歩を踏み出しているとの見方を示
しながらも、さらに前進することが必要だとし、自由で繁栄した社
会モデルとして台湾を引き合いに出した。

 演説用に準備された原稿の中で同大統領は、1つの中国政策をあ
らためて確認した上で、「現代の台湾は、自由で民主的で繁栄して
いる。あらゆるレベルで自由を受け入れたことで、台湾は、そこに
暮らす人びとに繁栄をもたらし、自由で民主的な中国人社会を作り
上げた」と述べた。(ロイター) - 11月16日9時39分更新

ーーー

台湾の声編集部コメント:台湾人はChineseではないということが
アメリカ人には分かっていない。中国人がどれくらい経済的に豊か
になれば民主化されるのかという疑問点が残る。台湾のモデルが国
民性の違う中国で再び実現するという保証はない。中国に対して楽
観的過ぎやしないか?国民党独裁下からの台湾の民主化を評価して
いる点は正しく、日本政府もこれに見習い、また積極的に台湾の国
際社会への参加をサポートすべきである。

なお、最近米国が言っている「1つの中国政策」は、「問題を平和
的に解決する」という点に焦点が置かれているようである。平和的
に問題が解決されるならば、それは良いことであろう。しかしこの
政策は「ひとつの中国」と名付けられている。そもそも台湾は中国
ではない。陳水扁政権は2008年の新憲法でそれを示すことを目
指しているが、台湾当局は一刻も早く、台湾が中国とは別であると
いう事実を法的な面でも国際社会から見て明らかに分かるように示
すべきである。

 
『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文





   
関連記事
スポンサーサイト
【読者便り】李上甲氏、日本国政府から台湾人として叙勲される | Home | 原住民テレビ:族語ニュース放送中

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。